横浜

【お茶の子 まめ】どら焼きはその日に提供する分だけつくる。あんこ好き、女性店主が切り盛りする小さな和菓子店

瀬川かれん

1.東横線白楽駅チカ、気になる和菓子店へ

神奈川大学最寄り駅の東急東横線「白楽」駅から学生で賑わう六角橋商店街を進んだ先に「お茶の子 まめ」はあります。

駅から約10分歩いたバス通りにある白い建物に大きな看板の掛かった「お茶の子 まめ」を車道から見て気になっている人もいるでしょう。

お茶の子まめ店舗

入口のガラスの引き戸を開けると、店内は畳敷の小上がりのある和空間が広がっています。古民家の趣きの店内には、鉄瓶や、旧式のレジなどレトロな雑貨が置かれ、昭和の雰囲気が漂い、昔懐かしい気持ちになります。

お茶の子まめ店内

「お茶の子 まめ」という店名は、店主の山口さんが、和菓子屋さんを始めようと思った時、小豆を使ったものを提供したいという想いから生まれたそうで、店舗は、お一人で、切り盛りされています。

山口さんとお話していると、彼女のほっこりとしたお人柄が、温もりのある、可愛らしいお店によく表れているのが伝わってきます。

2.毎朝、販売する分のみ作るどら焼き

あんこが大好きな山口さんが主に作っているのは、どら焼きです。

どらやき

美味しいうちに食べて欲しいという想いから、その日販売する分のみ、一日50個作るどら焼きは、毎朝店内で皮を焼いて作っています。湘南小麦を加えて焼いた皮は、分厚く、ふっくらしているのが、手に取るとよくわかります。

中のあんこは、2日前から作り始め、煮た小豆を一晩蜜につけて使っています。カットすると、粒が残っているのがわかりますね。

どらやき

サイズは、女性の手のひらより少し小さいくらいでしょうか。

今朝作ったばかりのどら焼きを試食すると、皮はふんわりなめらかで、少し弾力があります。とろりとしたあんこは、粒の皮がアクセントとなり、ほどよく甘く、しつこさはありません。

賞味期限は2日間で、翌日には皮と餡がさらに馴染みしっとりとしたどら焼きを楽しめるそうです。店内にイートインスペースがあり、鉄瓶で沸かしたお茶と一緒にいただけます。

おばあちゃんの家に遊びに行ったような懐かしい空間で味わう、素朴などら焼きは、心をほっこりと暖かくしてくれます。

どら焼き

3.店主の”好き”という想いから生まれたコジコジとのコラボ

好きが高じて、プロダクションに正式な許可を得て生まれたコジコジの和三盆糖は、コジコジの様々な表情がどれも可愛らしい。

販売は、「お茶の子 まめ」のみ。ファンにはたまらない和三盆糖です。

和三盆糖

和三盆糖

和三盆糖は、コジコジ以外にもたくさんありますよ。
抹茶、きな粉、ヴァローナココア、ブラックココアなど味の種類も豊富です。

和三盆糖

クロネコを作りたくてブラックココア味を作ったそうですが、和三盆の優しい甘さの後にくるココアのほろ苦さは、格別の味わいです。

和三盆糖

和三盆糖は、1ケ70円から販売しています。3個セット、5個セットの箱入りにして、プチギフトとして贈ると喜んでもらえそうですね。

和三盆糖

店主の好きがたくさん詰まった「お茶の子 まめ」
素朴な優しさに触れられる和菓子屋さんです

取材・文:瀬川かれん

店舗情報

※掲載情報は取材時点のものとなります。

お茶の子 まめ

住所:〒221-0802 神奈川県横浜市神奈川区六角橋2-9-3
電話番号:050-5316-0456
営業時間:木曜〜月曜 10:00~(品切れ次第終了) 火曜 13:00〜(品切れ次第終了) ※営業時間等については、変更となる可能性がありますので、各店舗にご確認ください。
定休日:水曜

より詳しい店舗情報はこちら

※掲載情報は取材時点のものとなります。