浅草・スカイツリー

【OHAGI3 浅草店】スタイリッシュな新しいおはぎを浅草で

チヒロ(かもめと街)

こんにちは!街歩きエッセイストのチヒロです。

わたしが育った浅草は、近年新たなおしゃれスポットがどんどん増えています。その中でも特に注目したいのが、日本文化のひとつである和菓子をリデザインしたショップ。

今日はそんなショップのひとつである、「OHAGI3(おはぎさん) 浅草店」へ伺いました。

1.モダンなロゴが印象的な店内

OHAGI3

東京メトロ銀座線・浅草駅から歩いて3分ほどのところにある「OHAGI3 浅草店」。

2019年8月にオープンした浅草店は、オフホワイトをベースにしたシンプルな店内に、自慢のおはぎがずらり。

OHAGI3

やわらかな曲線が印象的なロゴは、萩の花をイメージ。

店名につけられた「3」は、近江商人の哲学である「三方よし」から取られていて、売り手と買い手の満足に加えて世間への貢献ができれば、という思いが込められています。

OHAGI3

「OHAGI3」は名古屋で誕生したブランド。日本人なら誰でも知っているおはぎを、現代風にお洒落にアレンジした人気のお店です。

あんこや抹茶は海外の人から熱い支持を集めているものの、おはぎの認知度はまだまだ。そんなおはぎの魅力を通じて、日本文化を発信したいという思いから生まれました。


2.「OHAGI3」の人気おはぎ3選

「OHAGI3」のおはぎは無添加でやさしい味わい。

OHAGI3

常時9種類ほどが並び、定番から季節ごとに変わるおはぎまでがずらり。2口で食べられるほどの小ぶりなサイズなので、3~4つほど買われるお客様が多いそうです。

おはぎには月になぞらえた名前が付けられていて、情緒が感じられますね。

人気のメニューは「満月(きなこ)」「半月(抹茶)」「暁月(つぶあん)」。

OHAGI3 左から 満月(きなこ)220円(税込)、半月(抹茶)220円(税込)、暁月(つぶあん)220円(税込)

どのおはぎも甘さ控えめのあんこで、もちもちな食感のお米や雑穀米を使い、あとをひく味わいがたまりません。

OHAGI3 左回りに 有明月(こしあん)220円(税込)、夕月(みたらし)220円(税込)、季節限定OHAGI・スイートポテトおはぎ280円(税込)

個人的におすすめなのが「夕月(みたらし)」。自家製みたらし餡の甘じょっぱさがたまりません!

手土産にもぴったりな、3・6・9個サイズの箱は日本の伝統色を使った美しいデザイン。老若男女に喜ばれること請け合いです。

OHAGI3

OHAGI3


3.フォトジェニックな花のおはぎも

今年の夏から始めた、変わりおはぎにも注目です!

OHAGI3 あんこのお花・まりはな 280円(税込)

大井町にある、あんこのお花教室「和なは」監修の季節限定おはぎが美しい!約1ヶ月半ごとに新しい種類に切り替わるので、いつ行っても楽しめます。

また、取材時はハロウィンが近づいていたため、黒ごまを使ったかわいらしいおはぎも。

OHAGI3 左から 新月(ココナッツ)220円(税込)、あんこのお花・まりはな 280円(税込)、季節限定OHAGI・スイートポテトおはぎ280円(税込)

クリスマスにも季節限定おはぎが登場するそうなので、今から楽しみですね。


4.「OHAGI3」をひととおり味わえる人気パフェ

つぶあんのおはぎがまるまる1個のったパフェもお忘れなく。

OHAGI3 OHAGIパフェ つぶあんおはぎのパフェ 700円(税込)

いちばん下には毎日手作りされている、モッチモチのわらびもちが入っています。

OHAGI3

浅草店はテイクアウトのみですが、店の外にはベンチが用意されているので、休憩にもおすすめです!

ひとくち食べればトリコになってしまう美味しさの「OHAGI3」の特製おはぎ、ぜひおためしあれ。

取材・文:チヒロ(かもめと街)

店舗情報

※掲載情報は取材時点のものとなります。

OHAGI3 浅草店

住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目31−4
電話番号:03-5830-3103
営業時間:11:00-18:00
定休日:不定休

より詳しい店舗情報はこちら

※掲載情報は取材時点のものとなります。