横浜

横浜で味わいたい和菓子6選!愛され続ける老舗のお店をご紹介

oriori編集部

観光スポットやショッピングモールなどで賑わい活気あふれる街、横浜。観光やショッピングを楽しみつつ、ほっと一息、和菓子を味わうのもいいですよね!

横浜にはなんと創業100年、200年を超える老舗店があり、長く長く愛され続けてきた和菓子があります。

今回は、横浜にあるおすすめの老舗和菓子屋さんをご紹介します!

1.【京はやしや】創業260余年!元祖・抹茶パフェのお店/横浜駅

横浜特集

そごう横浜店の10階にある抹茶スイーツのお店「京はやしや」。

なんとこのお店、宝暦3年(1753年)に初代林屋新兵衛が金沢で茶屋を開き、そこから260年以上続く老舗店なのです。

横浜特集 林屋パフェ(茶佃煮付)1,320円(税込)

おすすめしたいのは、心ゆくまで抹茶を楽しめる「林屋パフェ」。

つるんとした食感の抹茶わらび餅、自慢の抹茶ゼリーを使用。ミルクパンナコッタと生クリームの程よい甘さが、石臼挽きの抹茶の旨みと苦みを引き立ててくれます。

横浜特集 抹茶わらび餅あんみつ(茶佃煮付)1,100円(税込)

抹茶味のわらび餅が入った「抹茶わらび餅あんみつ」も人気の一品。

わらび餅の滑らかな食感の後から抹茶の苦味がじんわりと伝わってきます。黒蜜と抹茶アイス、小豆と一緒に食べるとさらに美味しくいただけます。


2.【もみぢ菓子司舗】昭和21年創業の老舗和菓子店/桜木町駅

横浜特集

こちらも昭和21年創業の老舗、「もみぢ菓子司舗」。70年以上愛され続けており、最近は昭和レトロなグルメスポットとして注目されています。

横浜特集 大銅鑼焼き 390円(税込)

『もみぢ菓子司舗』の人気商品は大きな銅鑼(どら)を模った「大銅鑼焼き(おおどらやき)」。

黒あんは兵庫県の丹波大納言、白あんは北海道の大福豆と国産の素材を使用。ふわふわの生地にはあんがたっぷり!大銅鑼焼きは、朝の7時から全て手作りしています。

横浜特集 あん団子・みたらし団子 各170円(税込)

気軽に1本から買えて食べ歩きができるお団子も人気。野毛エリアでハシゴ酒する人が、箸休めやシメにお団子を買うことも多いのだとか。

レトロな雰囲気も味わいながら、時代を越えて愛されている伝統的な和菓子をぜひ食べてみてください。


3.【香炉庵】和と洋コラボのどらやきセット/元町・中華街駅

横浜特集

元町ショッピングストリートの一角に佇む和菓子店「香炉庵」。店内には、洋菓子の要素を取り入れた和菓子や、カラフルで華やかな和菓子が並びます。

横浜特集 黒糖どらやき 1個194円、花元町 6個入り972円

香炉庵で創業以来の看板商品となっているのが「黒糖どらやき」。ホットケーキのようなフワフワ食感に焼き上げた生地が特徴的です。

また、12月は「紅茶とりんごのどらやき」など、月替わりのどら焼きも登場。季節の味を求めるのも、楽しみの一つです。

横浜特集 花元町 6個入り972円

あんず餡や青梅餡など6種類の餡を楽しめるひと口サイズのもなか「花元町」。もなかとは思えないほどカラフルで華やかですよね。

見た目もお味も楽しめる花元町は、お土産や贈り物にもおすすめです!


4.【お茶の子 まめ】その日販売する分のみ作るどら焼き/白楽駅

横浜特集

東急東横線「白楽駅」から六角橋商店街を進んだ先にある「お茶の子 まめ」。

古民家の趣きがある店内には、鉄瓶や、旧式のレジなどレトロな雑貨が置かれ、昭和の雰囲気が漂い、昔懐かしい気持ちになります。

横浜特集

お茶の子 まめで注目の和菓子はこのどら焼き。美味しいうちに食べて欲しいという想いから、毎朝その日販売する分のみ、1日50個のどら焼きを作っています。

中のあんこは2日前から作り始め、煮た小豆を一晩蜜につけたものを使用。カットすると、粒が残っているのがわかります。皮はふんわりなめらかで少し弾力があり。とろりとしたあんこは、粒の皮がアクセントとなり、ほどよい甘さです。

おばあちゃんの家に遊びに行ったような懐かしい空間で味わう素朴などら焼きは、心をほっこりと温かくしてくれます。

横浜特集

店主の”好き”という想いから生まれたコジコジとのコラボ。好きが高じて、プロダクションに正式な許可を得て生まれたコジコジの和三盆糖。

コジコジファンにはたまらない和三盆糖ですね。


5.【磯子風月堂】「半分、青い」で使われた黒糖饅頭/根岸駅

横浜特集

創業は昭和13年。永きにわたり磯子の地で愛されている「磯子風月堂」。

現在の店主は3代目で、家族で営む素敵な和菓子店です。

横浜特集 黒糖饅頭

この黒糖饅頭は、2018年にNHKで放送された連続テレビ小説「半分、青い。」にも使われています。何でも、風月堂の黒糖饅頭がイメージに近いとオファーがあったそう。

黒糖のコクのある甘さがしっかりとあるのに、パクパクといくつでも食べられてしまうくらい、軽い後味が特徴です。

横浜特集 ごまだれ餅

地元・磯子で逸品認定を受けている「ごまだれ餅」は、とろりとした黒胡麻のたれが美味しいと評判のお菓子。

濃厚な黒胡麻の味と、甘さ控えめなたれが噛むたびに餅に絡んでいいバランス。弾力があり、それでいて柔らか。もち米の甘さをよく感じられます。


6.【菓匠 寿々木】創業112年!子持最中が人気/二俣川駅

横浜特集

創業112年の老舗和菓子店『菓匠 寿々木(かしょうすずき)』。

二俣川駅からバスで10分と駅から少し距離はありますが、地域の人だけでなく日本全国にファンを持つ和菓子店です。

横浜特集 栗入り小倉餡・栗入り白餡 各220円(税込)

寿々木で人気の和菓子は、栗が丸々一個入った「子持最中」。明治神宮献上菓子にもなっている逸品です。

小倉あんと白あんの2種類の味があります。中のあんこは4日間かけ、ゆっくりと糖度をあげていったもの。軽い食感の最中の皮の中には、すっきりとした後味の甘さのあんこがあたっぷりとつまっています。

横浜特集 焼醤油大福 130円(税込)

もう一つぜひ味わっていただきたいのが、甘じょっぱさにハマる人続出の「焼醤油大福」。

ひとくちかじると口の中には香ばしいお醤油の香りが!その後たっぷり詰まったあんこの甘さが口いっぱいに広がります。しょっぱさと甘さが一度に味わえるのですから、無限に食べられそうでハマるおいしさです。


横浜の老舗和菓子を味わう

横浜にはわらび餅やどら焼き、お団子など、店主の愛情のこもった和菓子がたくさん。店頭に立ち寄ってお店の雰囲気も含めてぜひ楽しんでいただきたいです。

長く愛され続ける老舗店の美味しい和菓子を味わってみてくださいね♪


文:oriori編集部

※【募集】特集記事に掲載希望の店舗様は『oriori編集部』まで